トップ お知らせ 動物取扱業・特定動物 人と動物の幸せのために
2 犬猫の適正飼養について

- 地域社会の中でペットと長く幸せに暮らすために -



■ペットを飼う場合


 ペットは飼い主に心の安らぎを与えてくれますが、不適切な飼い方をすれば、ペット自身の健康を損ねるだけでなく、家族や近隣の方々の迷惑になります。

  ペットを飼うには、正しい知識に基づいた想像力と覚悟が必要です。  ペットを飼う前に、最後まできちんと飼えるのか十分に考えましょう。




「飼う前も、飼ってからも考えよう」[PDF 2,569KB]





参考「家庭動物等の飼養及び保管に関するする基準」(環境省HP) 

   「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(環境省HP)


■ペットの健康管理

   ・動物病院等で予防接種をおこない、感染症を防ぎましょう。

    ・犬や猫についても、タバコの副流煙による悪影響が報告されています。受動喫煙に注意しましょう。




 



■犬を飼う場合

  1.犬は、各市町村の条例により、放し飼いが禁止されています。咬傷事故を起こさないためにも、また、犬が迷子になるのを防ぐためにも、放し飼いはやめましょう。

  2.生後91日以上の犬は、狂犬病予防法により、市町村への登録と狂犬病予防注射が義務づけられています。登録と注射が済んだら、鑑札と狂犬病予防注射済票を犬に必ず装着させましょう。

  3.所有明示をしましょう。犬は、鑑札と狂犬病予防注射済票の装着が義務づけられていますが、迷子になったときのためにも、飼い主の連絡先などを記入した「迷子札」を付けたり、マイクロチップを装着しておきましょう。

  4.不妊・去勢手術をしましょう。

    飼いきれないほどに犬が増えれば、不幸になるのは産まれた犬たちです。

    無計画な繁殖を防ぎましょう。






 

 

■危険犬を飼う場合



 「家庭動物等の飼養及び保管に関するする基準」では、「特に、大きさ及び闘争本能にかんがみ、人に危害を加えるおそれが高い犬」を「危険犬」としています。闘犬種や大型犬種は危険犬に該当するものが多く、一般的な犬以上に安全への配慮が求められます。

ひとたび危険犬による事故を起こせば、民事責任や刑事責任を問われる可能性もあります。「事故の加害者」とならないよう次のことに留意し、徹底した管理を行ってください。



もしも危険犬が逸走した場合は、飼い主の責任で捜索するとともに、警察や役場、動物愛護管理センター に連絡しましょう。



【5つの危険犬の管理方法】 

1 危険犬は、檻飼いを原則とし、逸走防止のため鎖などで係留しましょう。

2 檻は施錠し、鍵は所有者が管理しましょう。

3 檻の設置場所は公道を通行する人が接触しない場所で、かつ、所有者以外の人が容易に 立ち入れない場所にしましょう。

4 人目に付きやすい場所に、危険犬を飼養していることを示す表示をしましょう。

5 散歩のときは、犬を確実にコントロールできる人が連れだし、口輪を装着するなどしま しょう。また、人の多い場所や時間帯は避けましょう。




※危険犬は、これらの管理方法を守れない人には譲渡しないようにしましょう。

 危険犬を誰かに譲渡するときは、予め動物愛護管理センターに連絡しましょう。 




【危険犬の逸走事例】

  ・土佐犬を高さ130センチメートルほどの金属製の柵で飼っていたところ、柵を乗り越 え逸走した。

 ・リードから放した状態でロットワイラー犬を呼び寄せる訓練をしていたら、途中でそ のままどこかに行ってしまった。

 これらは、「今まで大丈夫だった」からと管理が不十分になっていたり、注意が足りなく なっていた事例です。

 「事故の加害者」とならないよう 徹底した管理を行ってください。



 





■猫を飼う場合

  1.猫は室内で飼いましょう。

自由に外と行き来できる猫は、野良猫に病気を移されたり、ケガをしたり、交通事故 に遭う可能性が高まります。また、不妊・去勢手術をしていなければ繁殖して不幸な 命を増やすことにもなります。他人の敷地に糞をするなど迷惑にもなります。



  2.所有明示をしましょう。

  「うちの猫はずっと室内で飼っているので所有明示なんか必要ない」と思っていたら、地震や雷などに驚いて飛び出しそのまま戻ってこなかった、などという事例もあります。「迷子札」を付けたり、マイクロチップを装着させましょう。

      

  3.不妊・去勢手術をしましょう。

      猫は、繁殖力が強い生き物です。3匹の猫が80匹ほどに増えて全く手に負えなくなる「多頭飼育崩壊」も起きています。無計画な繁殖を防ぎましょう。