トップ お知らせ 動物取扱業・特定動物 人と動物の幸せのために
1 第一種動物取扱業者の登録について

 第一種動物取扱業を営む者は、事業所・業種ごとに知事の登録を受けなければなりません。また、動物の管理の方法や飼養施設の規模や構造などの基準を守ることが義務づけられています。



 第一種動物取扱業者は命あるものである動物を扱うプロとして、より適正な取り扱いが求められます。



第一種動物取扱業の具体例dai1syuhyo



第一種動物取扱業者登録台帳はこちら



 



1.新規登録申請について

第一種動物取扱業を営む場合、事業所・業種ごとの登録が必要になります。



※1件につき15,300円の登録手数料が必要です。



新規申請に必要な書類の一覧(PDF:69KB)



《必要書類》各2部(正・副)提出してください



(1)第一種動物取扱業登録申請書 



■第一種動物取扱業登録申請書(PDF:114 kB)



■【記載例】動物取扱業登録申請書(pdf:191 kB)



(2)登記事項証明書(法人のみ)



(3)動物取扱責任者の必要要件を示す書類



1)申請業種に係る半年間以上の実務経験があること・・■実務経験証明書様式(PDF:91 kB)



2)申請業種に係る知識及び技術について1年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業している・・(例:卒業証明書



3)公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、申請業種に係る種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること・・・(例:資格認定証 愛玩動物飼養管理士2級



(4)法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類(PDF:59 kB)



(5)飼養施設の平面図(PDF:62kB)



    ■【記入例】飼養施設の平面図(PDF:156kB)



(6)飼養施設の付近見取り図(PDF:24kB)(飼養施設の地図:様式なし)



(7)役員の氏名及び住所(法人の場合のみ)



(8)第一種動物取扱業の実施方法(PDF:158kB)(販売業・貸出し業のみ)



             ■【記入例】第一種動物取扱業の実施方法(PDF:184kB)



(9)犬猫等健康安全計画(PDF:84kB)(犬猫の販売業のみ)



       【記入例】犬猫等健康安全計画(PDF:178KB)



(10)■事業所、飼養施設の権限を証明する書類 :承諾書



       ■【記入例】事業所飼養施設の権限を証明する承諾書(360KB)





 



2.第一種動物取扱業更新について



  ※登録後も5年ごとの登録更新申請が必要です。



※1件につき15,300円の登録手数料が必要です。



 ■更新申請に必要な書類の一覧(PDF:69KB)



《必要書類》各2部(正・副)提出してください



更新に必要な書類(PDF:132kB)



   1)一種動物取扱業登録更新申請書(PDF:116kB)



  2)法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類(PDF:59 kB)



※新規登録申請時から変更がないもの及び変更の届出を既に行っている事項に係る添付書類については、省略することができます。    





3.動物取扱責任者について


 事業所ごとに専属の動物取扱責任者を常勤職員の中から1名以上配置することが義務付けられます。また動物取扱責任者は、自治体が開催する研修会を受講(年1回)することが義務付けられています。



動物取扱業責任者講習会の日程はこちら⇨





4.遵守事項について





    動物取扱業を営むには、動物の愛護及び管理に関する法律で定められた基準や細目を遵守しなければなりません。



第一種動物取扱業者が遵守すべき動物の管理の方法等の細目 [PDF 277KB]



動物取扱業者(第1種動物取扱業者)の方へ(環境省HP)





 5.登録後の届出について



 登録している内容を変更したり、廃業する場合は、届出が必要になります。↓





(1)同じ業種の中で、違う業務を新たに始める場合



例: トリミング業者(保管業)が新たにペットホテル営業(保管業)を始めたい場合ペットホテル業者(保管業)がペットシッター営業(保管業)を始めたい場合など



  ※ 違う業種の業務を新たに始める場合(ペットショップ業者(販売業)がペットホテル営業



    (保管業)を始める場合など)には、追加する業務について新たな登録が必要です。



        必要書類名(事前の届出が必要です。)



               1)業務内容・実施方法変更届出書(PDF:90kB)



       2)第一種動物取扱業の実施方法(販売業・貸出し業のみ)(PDF:158kB)



           3)飼養施設・移動用施設の平面図や写真 (追加業務に必要な場合) (様式なし)





(2)飼養施設を持たない事業所が新たに飼養施設を設置する場合



  必要書類名(事前の届出が必要です。)



            1) 飼養施設設置届出書(PDF:103kB)



            2)飼養施設の平面図 (様式なし)



            3)飼養施設付近の見取り図 (様式なし)



      4) 事業所、飼養施設の権限を証明する書類 例)承諾書、賃貸契約書など



            【記入例】事業所飼養施設の権限を証明する承諾書(360KB)





(3)犬又は猫の販売(繁殖)を開始・廃止する場合



   必要書類名(事前の届出が必要です。)



①:犬又は猫を取り扱わない販売業者が犬猫等販売業者になる場合



   開始:犬猫等販売業開始届出書(PDF:92kB)(事前)



②:犬猫等販売業者が犬猫を取り扱わなくなった場合



   廃業:犬猫等販売業廃止届出書(PDF:93kB)(廃止後30日以内)





(4)主として取り扱う動物の種類及び数を変更する場合



 例: 取扱う動物の種類を増やす場合



                 取扱う動物の数を登録を受けた頭数より増やす場合など



  ※ 飼養施設の構造・規模が増やす動物の種類や数に適切かどうか確認するために、



                 施設の立入検査を実施することもあります。



   必要書類名



    1)第一種動物取扱業変更届出書(PDF:103kB)(事前)



    2)犬猫等販売業開始届出書(PDF:92kB)(犬又は猫の販売・繁殖を開始する場合)





(5)飼養施設の所在地(移動用施設のみ)・構造・規模を変更する場合



例: 移動用施設の移動範囲を変更する場合(県内→市内一円など)事業拡大のため、施設を延べ床面積の30%を超えて改装する場合 など



※ 通常の飼養施設の移転の場合には、新たな登録が必要です。



     ※ 飼養施設の構造・規模を変更する場合は、届出どおりの変更が行われたか確認するために、施設変更完了後、営業再開前等に施設の立入検査を実施することがあります。



※ 飼養施設の構造・規模の変更については、飼養施設の増大や設備等の増設・配置変更が、登録時から通算して、延べ床面積の30%未満である場合には、軽微な変更として届出の必要はありません。



必要書類名



    1)第一種動物取扱業変更届出書(PDF:103KB)



    2)飼養施設の平面図 (様式なし)・・・構造・規模の変更時のみ





(6)登録者(申請者)の氏名・住所・代表者氏名を変更する場合



  例:役員改選による会社の代表取締役の変更、結婚による改姓、登録者の転居 など



  ※ 登録者を個人から法人に変更する場合には、新たな登録が必要です。



  必要書類名



   1)第一種動物取扱業変更届出書(PDF:103kB)(変更後30日以内)



       2)第 一 種 動物取扱業登録証再交付申請書(PDF:43kB)



   3)登記事項証明書 (原本(返却可))・・ 法人のみ



   4)役員の氏名・住所一覧 (様式なし)・・ 法人のみ



   5)法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類(PDF:59 kB)・・法人のみ



   4)苗字の変更や住所変更時の場合、旧及び新の苗字や住所を示す書類





(7)事業所の名称・所在地を変更する場合



  例: 店名の変更、事務所の移転 など



  ※ 事務所が飼養施設ごと移転する場合には、新たな登録が必要です。



    必要書類名



             1)第一種動物取扱業変更届出書(PDF:103kB)(変更後30日以内)



2)第 一 種 動物取扱業登録証再交付申請書(PDF:43kB)





(8)動物取扱責任者を変更する場合



  必要書類名



  1)第一種動物取扱業変更届出書(PDF:103kB)(変更後30日以内)



  2)法第12条第1項第1号から第6号までに該当しないことを示す書類(PDF:59 kB)



  3)動物取扱責任者の要件を示す書類



   ・教育機関の卒業証明書、資格証明書、実務経験証明書・・・要件に応じて いずれかひとつ



     4)第 一 種 動物取扱業登録証再交付申請書(PDF:43kB)





(9)第一種動物取扱業をやめた場合



  例: 第一種動物取扱業を廃止した場合



(登録者が死亡した場合、法人が合併による消滅した場合、法人が解散した場合)



 ※ 相続人が故人が個人で登録した業を継続する場合などには、新たな登録が必要です。



 必要書類名



  1)廃業等届出書(PDF:85kB)(廃業後30日以内)



     2)登録証(有効期間内のもの)





(10)登録証を亡失、滅失した場合



必要書類名



1)第一種動物取扱業登録証再交付申請書(PDF:83KB)





6.台帳について



 第一種動物取扱業者は台帳を調製し、5年間保存しなくてはなりません。



台帳は、動物愛護センターの動物愛護監視員が、施設への立入り監視の際に確認を行うことがあります。



【様式】



(1)販売時における説明及び確認(貸出時における情報提供)実施状況記録台帳(様式第11)(PDF:73KB)・・販売時、貸し出し時に記録台帳(販売・貸出)



【参考様式】



(1飼養施設及び動物の点検状況記録台帳(参考様式第9)(PDF:76KB)・・・・毎日の点検台帳(全ての業種)



(2)取引状況記録台帳(参考様式第11)(PDF:71KB)・・・全ての取引した相手との記録台帳(全ての業種)



(3)繁殖実施状況記録台帳(参考様式第10)(PDF:77KB)・・・・繁殖時に記録(販売・貸出し・展示)



※犬猫等の個体に関する帳簿についてはこちら